飛行機を見ながら寛げる部屋に・・・! & 余談 。。。

3月ですね。。。

明日は桃の節句ひな祭り

そして、ホワイトデー!余り関係無いですが・・・(笑)

で,,,

アッ!と言う間に GW を迎えますね。

何か、この前だったような気がしますが、一年毎に時の流れが加速している様な実感を覚えます!

今年の GW は何処へ行こうかなぁ 

旅と言えば・・・

欠かせないのが、疲れを癒してくれてお宿!

そして、ゆっくりと寛げるお宿!

そんな、お宿に、 Happy Birthday Flignt 2016! を決行した時に泊まってみました。

そのお宿は。。。
画像

EXCEL HOTEL TOKYU (羽田エクセルホテル東急)

度々、このお宿にはお世話になっていまして、今さら改めてご紹介する程では無いのですが・・・

今回は、ちきっと違いまして念願だったエアポートビューのお部屋を予約したのです!(^^)v

ちょっと贅沢にランクアップしてみました。(笑)


お世話になったお部屋は。。。
画像

5F ですぞ~!

以前、3Fエアポートビューもどきの部屋 ≪こちら≫ を紹介しましたが・・・
今回は、本当にエアポートビューですよ~。 


もう少し奮発すれば、上階に泊まれるのですが予算オーバーになりまして、この部屋で精いっぱいでした!(笑)

ドアを開ければ、こんな感じの部屋です。。。
画像
画像


部屋からドア側を見るとこんな感じになっていまして。。。
画像

画像の右側が、浴室とトイレになっています。

こちらが、浴室。。。
画像

トイレの便座が無いので、広く感じました!

トイレは、浴室の隣に。。。
画像
画像


そして,,,

肝心の飛行機は。。。
画像
画像

何と言う、贅沢でしょう!(笑)

ビール片手に、ゆっくりと夕方まで寛いだ事は言うまでも無くお解り頂けるかと思います。。。

まぁ、本当は夜もこの部屋で過ごしたかったのですが・・・

夜は渋谷で楽しんだので、それはそれで良かったですよ!

渋谷の事は、次回アップするとしまして,,,


朝は、昨日の東京と比べ一転した天気!

この日、東京では 春一番が吹いた日だったのです。

窓の外を見ると。。。
画像

B787が、プッシュバックしていました!

私ゃ嵐を呼ぶ男 かぁ! 何て、一人でつぶやきながら・・・

鹿児島から嵐を連れて来たね!(笑) 何て、連れには言われるし!!(>_<)

空夢は、雨男?なんでしょうかね???

ピースのお腹の中です。。。
画像


そのピースが、雨にも負けず、風にも負けず。。。
画像

無事に離陸して行きました!

雨さえ降らなければ、もう少し撮影ができたのですが・・・

残念でした!


でもねぇ・・・

空夢にとっては、優雅な時間と寛ぎを感じる事のできたお部屋でした!

今度は、天気の良い日に一日中部屋の中で過ごしてみたいと、リベンジを誓うのでした。。。


でも、お天気だけは予想不可能なので・・・

運に任せるだけかなぁ!







余談,,,

桃の節句!

まだ桃の花も咲いていないのに、何故に桃なのでしょうか?

今は、梅の花が旬ですよね!

で、調べたら・・・

旧暦の3月3日は桃の花が咲く頃だったそうでよ。
また、中国では古来から桃には邪気を払う力があるとされ、節句は邪気祓いの日であるために桃の木を飾ったそうで、日本でも桃は魔除けの木とされており、桃の葉は皮膚疾患に効くと言われ、あせもやただれを治すのに桃の葉を浮かべたお湯に浸かっていたようです。


そして、このような事から・・・
節句は厄払いや健康祈願をする日とされていたので、いつしかこれを桃の節句と呼ぶようになったようです。


因みに、3月3日になったのは・・・
江戸幕府が定めたそうです?



為になったね。。。(笑)






                   Good-day

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック