永国寺(幽霊寺)へ行ってみました!。。。

 時の流れに身をまかせ・・・ 

2020年1月も過ぎ去り、早くも 2月 ですよ!

ついこの間までは、まだまだ先の事と思っていましたが、東京五輪まで、もう半月足らずとなりましたよ!!

本当に、時の流れの速さを感じている今日この頃です。


空夢家の正月恒例の 太宰府天満宮 への初詣が、今年は事情があり行けなかったので、代わりと言う訳ではなかったのですが・・・

お隣の熊本県人吉市に鎮座する 永国寺 にお参りしてきました!。。。
P1130119.JPGP1130120.JPG

案内板によると・・・

永国寺(えいこくじ)

本尊は釈迦如来で、曹洞宗蓬莱山永国寺という。
第九代相良前続公が開基、一徑永就和尚が開山し、寺院の創立は応永十五年(一四〇八)とも十七年ともいい、第二代住職實底和尚の時である。
明治十年西南の役の際、約一ヶ月程西郷軍の本営となったところでもある。
寺宝として有名な幽霊の絵がある。

    人吉市教育委員会


  と言うような歴史あるお寺です!

山門を抜けてると、もう一つ立派な門がありました!。。。
P1130121.JPG

楼門が改築され、仁王門として再建されたそうです。

両脇には身の丈2mもある木彫の仁王像が・・・

二階部分には梵鐘(ぼんしょう)が架けられていて、諸行無常の響きをたたえているそうですよ!


最近、改築された感じの真新しい本堂です。。。
P1130122.JPG


本堂の入り口にあった案内板。。。
IMG_8805.jpg

幽霊の出たという池は、本堂の中の右手奥にあるようで・・・

幽霊の掛け軸は、本堂の中の左側との事でした!


早速、本堂の中の中央にある祭壇にお参りして、幽霊の掛け軸を拝見しました。

こちらが、その掛け軸です。。。
P1130123.JPG

パンフレットによると,,,

当寺開山実底超真和尚が描いたと伝えられる。

創建当時、近郷の木上に、さる知名の士がおり、妾を囲ったが、本妻の嫉妬に悩み、球磨川に身を投げて、非業の死を遂げた。

しかし、その怨みが幽霊となり、本妻を苦しめた。

本妻は実底和尚の法力を頼り、当寺に駆け込んだ。

和尚の前に現れた幽霊は、和尚より因果の道理を説き聞かされ、和尚が描いた己れの醜い姿に驚き、和尚に引導を渡して欲しいと懇願し、実底和尚の引導に依り成仏し、それから現れなくなったという。

本堂裏の幽霊が出た池は湧水池で、春には桜、つつじ等、夏には水蓮等咲き乱れ、四季折々の変化を楽しむことができる。

通称『幽霊寺』といわれる由縁である。


           と、言う事らしいです!

その昔、テレビ紹介された事があり永国寺の事は知っていましたが、中々訪れる機会がなかったので今年の初詣に足を運んでみる事にした訳なのです。

それと、永国寺に足を運んだもう一つの理由が、西郷どん(西郷隆盛)縁の地でもあったからなんです!

冒頭で紹介した、案内板にもありましたように、西南戦争(西南の役)の際、田原坂で敗れ撤退する西郷隆盛は、永国寺に本営を置き、33日間在陣したそうです。


幽霊掛け軸の隣に、西郷隆盛書の掛け軸。。。
P1130124.JPG

その下には、西郷隆盛の位牌が展示してありました。。。
P1130125.JPG


幽霊がでたという池も拝見したのですが、写真を撮ると心霊写真になるかもと思い、撮影は諦めました!(笑) 


永国寺には、「西郷本営跡の碑」「人吉二番隊士の碑」「永国寺五重石塔」「千人塚石塔(耳塚)」もありましたが、今回は割愛しました。


帰りがけに、本堂の右側にある 寺務所 で御朱印を頂きました!

永国寺の御朱印です。。。
P1130126.JPG


拝観無料の落ち着きのある所でしたよ!

人吉に行かれた際は、足を運んで見られては如何でしょうか???




来年の初詣は、太宰府天満宮への参拝を復活したいと思っています! 

世間では、色んなウィルスが流行っていますが、ご注意くださいませませ。。。
 

   

   Good-day 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント